転職の相談

【結婚を機に転職】絶対に不利にならないので、結婚のタイミングで読んでください【男性編】

結婚のタイミングで転職

 

この記事で解決できるお悩み

 

この記事を書いた人

筆者

 

かなえもん
わたしは結婚をするタイミングで転職をしました。

わたしの経験と合わせて解説しますね。

 

わたし自身が結婚をするタイミングで転職をしました。

 

結婚する前と後で大きく状況が変わりましたよ。

結婚前後 休日 残業時間 年収
結婚前 105日 月平均60時間 400万円
結婚後 120日 月平均25時間 650万円

 

この記事はわたしの経験から、『結婚のタイミング』だけでなく『転職するタイミング』についても解説しています。

 

転職を考えている人にあなたにとって有益な状況を提供できるので、最後まで読んでくださいね!

 

今回は次の4つの流れで解説をします。

step
1
転職を考える理由を理解する

step
2
転職をしたい理由を考える

step
3
企業が考えるメリット・デメリット

step
4
転職を考えた時に取るべき行動

 

それでは、順番に解説をしていきますね!

 



転職を考える理由を理解する

転職の状況

初めに『わたしの転職経験』を簡単に紹介します。わたし自身、結婚をするタイミングで転職をしました。

 

『結婚前』『結婚後』の状況の変化です。

結婚前後 休日 残業時間 年収
結婚前 105日 月平均60時間 400万円
結婚後 120日 月平均25時間 650万円

 

これを聞くと結婚前はブラック企業な感じがしますが、仕事のスキルが身につくのを実感していたので、満足していました!

 

しかし、結婚をした後も休日が少なく残業時間も多い生活を続けるのは厳しいと感じていたので、今までの経験を生かして転職活動をしました。

 

転職後は家族の時間が取る事が出来ました!今では子供が生まれて、幸せな日々を送っています!

 

最初に『わたしが転職をする時に考えた不安』を解説しますね!

 

筆者が転職をする時に考えた事

あなたは転職を考えた事はありますか?

 

わたしは今までに何度か転職を考えましたが、実際に転職をしたのは『結婚をする前の1度』だけです。

 

結婚の時に「なぜ転職をするのか?」を考えて、次の5つに分類しました。

転職を考えた5つ理由

  • 勤務地を便利な場所に変えたい
  • 残業が多い
  • 休日が少ない
  • 給与が満足できない
  • キャリアアップに不満がある

 

しかしこれらの理由は、あなたが行動することで変える事が困難な理由です。困難な理由は次の制限があるからです。

現在の会社で働く事が難しい5つの理由

  • 勤務地は限られている
  • 残業は仕事量による
  • 休日は変えれない
  • 給与はあなただけ昇給してもらうことは難しい
  • キャリアアップは会社の規模や業種による

 

もし、現在の会社で状況を良い方向に変えれるようであれば、上司に相談して下さい。

 

長年働いている会社で、不満が解消できるのであれば、結婚をした後は色々と融通をきかせてもらえますよ。

 

変えられない場合は「結婚という大きな節目」で、あなたの人生を良い方向に変えてみるのが良いです!

 

筆者の転職理由・転職状況

次に20代〜40代の転職理由を解説しますね。アンケート結果は『人事のミカタ』から引用しております。

 

20代の転職理由

1位 給料が低い

2位 やりがい、達成感がない

3位 業界・会社の将来性に不安がある

4位 人間関係が悪い

5位 残業・休日出勤など拘束時間が長い

引用元:人事のミカタ

 

30代の転職理由

1位 給料が低い

2位 やりがい、達成感がない

3位 業界・会社の将来性に不安がある

4位 人間関係が悪い

5位 残業・休日出勤など拘束時間が長い

引用元:人事のミカタ

 

40代の転職理由

1位 給料が低い

2位 やりがい、達成感がない

3位 業界・会社の将来性に不安がある

4位 人間関係が悪い

5位 評価・人事制度に不満がある

引用元:人事のミカタ

 

それぞれの年代で、多くの人が「給与が低い」「やりがい、達成感がない」「業界・会社の将来性に不安がある」と回答しています。

 

あなたの転職したい理由は明確ですか?頭の中を整理するために、スマホに入力して確認すると意外に多く見つかりますよ。

 

『令和3年の有効求人倍率』を見ましょう。

有効求人倍率

引用元:厚生労働省の公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況

 

令和3年6月の「有効求人倍率は1.13倍」で、前月に比べて0.04ポイント上昇しました。このような状況で転職ができるか、エージェント3社に確認しました。

 

3社共通の回答が「コロナ前よりも60%ほどの求人になりましたが、リーマンの時よりは落ちていないです」と回答されました。

 

コロナの直後が企業が不安になり求人を控えていましたが、2021年の有効求人倍率は回復傾向にあります。次に「転職したい理由」をそれぞれ解説していきますね。

 

【無料】すぐに転職をしたい人は、業界最大級の非公開求人を誇るリクルートエージェントがおすすめです。非公開公開にせざるを得ない魅力的な求人が多いですよ!

 

>>【公式】転職の悩みはリクルートエージェントに無料登録

 

転職理由①:お金に関する理由

給料が低い

転職で一番多い理由は給与です。給与は生活に密接しているので、みんなが感じる事ですね。

 

わたしの前職は「みなし残業」は80時間くらいありました

 

複雑な計算になっていましたが、多分法律の範囲内だと信じています。結婚をして将来を考えると、お金はシビアに考える必要がありますよね。

 

それでは結婚後は給与に対して、どのような考えを持つかを解説します!

 

お金の理由:家族を持つ事の不安

結婚という大きな分岐点は、今後の将来のことを考えます。

 

考える内容はで人それぞれですが、わたしは次の5つを考えました。

  • マイホームが欲しい
  • 子供が欲しい
  • 毎年旅行に行きたい
  • 家族が増えたから車が欲しい
  • 保険に入らないといけない

 

色々ありますが、どれもがお金に関わってくる事でした。

 

 居住に関する不安が大きい
いちばん不安になるのが「居住に関する不安」だと思います。

 

マイホームを購入するとなると、長期にわたり毎月の支出が大きくなって、ローンを組んだ期間は毎月返済が必要になります。

 

賃貸でも家族が増えると、1LDKから2LDKや3LDKに間取りを変えたりして、賃料は大幅に増加します。わたしは子供が生まれたタイミングでマンションを購入しました。

 

行動経済学で「ラチェット効果」という言葉があります。

ラチェット効果

経済学等で用いられる用語。指標Aが上昇・増加するのに伴い、上昇・増加していた指標Bに関して、指標Aが下降・減少に転じても、それに伴う下降・減少と容易にならない状況、即ち、下方硬直性を有する状況を言う

引用元:ウィキベディア

 

日常生活を例にすると『快適な家に住むと、そこから生活の質を低くするのは難しく、収入が減っても生活の質を下げるのに限界がある』です。

 

なので収入が減った場合でも引っ越すことは大きな決断がいるんです

 

さらに「家族が増えたので車を大きくしたい」「自分に何かあったときのために保険に入りたい」と考えて支出が増えてしまいます。

 

お金の理由:貯金ができない

結婚をすると、多くの場合に一つの通帳を作って貯金をしていきます。

 

将来のことを考えると「できるだけ貯金しよう」「大事な人を不幸にしたくない」という考えになります。

 

これはとても良いことです!誰かと一緒に目標を立てるのは、人生の励みになりますよね。

 

しかし自分に対するご褒美は必要

だた、それをわかっていても、あなたも家族も趣味にお金を使っていきたいという気持ちがあります。

 

趣味に時間を使う事で、気分転換になって仕事を頑張る事が出来ます。自分に対するご褒美も大事ですよね。

 

お金の理由:子供の教育費

子供の教育費についての心配もありますよね。子供が大学を卒業するまでに、どのくらいのお金が必要が知っていますか?

 

三菱UFJ国際投信の『教育費用に関するアンケート』でこのような結果となりました。

教育費
引用元:三菱UFJ国際投信

 

今まで教育費用を意識した事がなかったので、意外とお金がかかるんだなと感じました。わたしは子供と次の事をしたいと考えてます。

  • 保育園に通わせる
  • いろんな習い事をさせたい
  • 思い出作りに旅行に行きたい
  • 学校の行事にも積極的に参加したい
  • 塾に通って勉強させたい

 

子供に経験させてあげたい事を考えると、自分ができなかった事を含めて何個でも思いつきますよね。

 

全て大切な事なのですが、お金の心配があるので自由にはできません。現在は、児童手当が毎月15,000円支給されます。年間で180,000円になりますので、とても助かりますね。

 

今の会社で、一生懸命に頑張ってきていれば、あなたのスキルが身について市場価値は上がっています。

 

転職エージェントに相談をして、どのくらいの条件で転職できるかを聞くことをおススメします!

 

【無料】転職は業界最大級の非公開求人を誇るリクルートエージェントがおすすめです。非公開公開にせざるを得ない魅力的な求人が多いですよ!

 

>>【公式】転職の悩みはリクルートエージェントに無料登録

 

転職理由②:残業が多く、休日が少ない

休みが少ない

今の仕事の残業時間が多くて、自分や家族の時間が取れなくて、仕事に追われていると感じる人は多いです。

 

部署の仕事量があるので、人員が増やせない場合は残業時間の調整は難しく、休日を増やすことはさらに難しいです

 

「何もしない時間」は大切さを感じませんが、「何かをするための時間」はどれだけあっても足りなく感じます。

 

時間はお金では買う事ができないので、あなたの行動で解決するしかありません。

 

それでは結婚後は残業・休日に対して、どのような考えを持つかを解説しますね!

 

時間の理由:家族の時間がとれない

結婚をするということは、家族として同じ空間で時間を過ごします。

 

仕事も大事ですが、家族の時間という大事な時間を削る事があってはなりません!

 

「仕事と家族の時間を、それぞれどのくらい過ごすか?」

 

この問いに答えはありません。しかしこの先も一緒にいたいと感じたから『結婚』という選択をしたんです。

 

子供が誕生すれば、一緒に過ごしたい気持ちはとても強くなります。早く会いたいのに仕事で会えないのは、仕事がつらく感じますね。

 

時間の理由:あなたの時間が取れない

結婚をして家族の時間は大切ですが、あなた自身の時間も大切ですよね。

 

読書、運動、ゲーム、副業、など色々ありますが、結婚をして家族と過ごすと、あなたの時間が減ります。「結婚したら、1人の時間は必要ない!」という人がいます。

 

気になってマイナビウェディングが「既婚者」に対して実施したアンケートを確認しました。

 

「プライベートな時間の中で1人になりたい時はありますか?」という質問に対して、約半数の人が「はい」と回答していました

 

今は1人の時間が必要ない人も、今後の長い人生で必要になる可能性が高いです。結婚をタイミングに「時間」について考えて見るのが良いですね。

 

時間の理由:体力が消耗してしまう

わたしは毎日往復1時間の自転車通勤です。体力は衰えていないと思っていました。

 

しかし、年を重ねるごとに体力が減ってる感じがします。

 

結婚をすると、住む場所が変わる場合が多いです。会社から遠くなり、乗り換えが多くなり、今まで以上に通勤に体力を使う可能性があります

 

それに加えて、残業が多かったり、休日が少ないと、体に休息を与える時間を取れなくなり、元気がなくなると注意が必要です。

 

そして機嫌が悪くなって家族に気を使わせてしまう事がありますよ。

 

体力を回復させるために一番必要なことは「睡眠」です!その睡眠に時間が取れない環境は、どこかで体調を崩してしまう可能性が高いので、注意をして下さい。


転職理由③:業種・職種への不安

年収が低い

あなたは今働いている業種・職種が、どのくらいの給与が平均値か知っていますか?あなたの能力が高くても、業種と職種の選択によっては満足できる給与をもらえない可能性があります。

 

一般的に、介護や飲食などのサービス業や規模の小さい会社などは給料が低い場合が多いですが、上場企業や専門職になると給料が高くなる場合が多いです

 

マイナビ転職に掲載されている『業種別』『職種別』の年収ランキングを紹介しますね。

業種別ランキング
職種別ランキング
引用元:マイナビ転職

 

専門職は給料は高いです。あなたの働いている給料に比べて多いですか?

 

さらに、AIによって「今後なくなる仕事」が発表されてしばらく経ちますよね。今している仕事がなくなる不安があるかもしれません

 

あなたが働いている状況が心配な場合は、思いつく不安をまとめましょう。頭の中でまとめるのは難しいので、スマホに入力をしましょう!

 

それでは結婚後は「業界・業種の将来への不安」に対して、どのような考えがあるか解説しますね!

 

将来の不安:業種への不安

わたしが以前働いていた飲食業界は、IT業界に比べて休日は少なかったです。

 

さらに店舗で働いている人は「サービス残業」や「サービス出勤」で、仕事以外の時間を作るのが難しいと言っていました

 

そして飲食業界の年収は、マイナビ転職では501万円でした。多いか少ないか判断できませんが、労働状況を知っているので、少ないと感じましたね。

 

ただ今後の飲食業界は新しい動向があります。

  • デリバリー
  • VR

今とは違う形で進化していくと考えているので、魅力的ではありましたよ!

 

結婚後の生活をイメージするためには、労働時間・年収・今後の業界の動向が大事になります。

 

わたしは、労働時間・年収が結婚後の生活で不安があったので、結婚を機に転職を決意しました!

 

将来の不安:職種への不安

わたしは、長年経理で働いています。会計・経理の年収は、マイナビ転職では572万円でした。これは多いか少ないか判断できません。

 

わたしは35歳で転職活動をして、妻と相談をして「新しい職種へ挑戦してもいい?」と聞いたら「いまの職種があっているよ」と言われました。

 

その結果、経理の経験を生かして、連結決算の仕事ができる会社に転職をしました。

 

将来の予測は難しい

『事務作業』に関しては、コンピューター発明されたときに無くなると言われていました

 

しかし次の理由から、仕事に関わる人が増えているように感じます。

  • 制度が細かくなる
  • 求められる資料がより細かくなる

 

現場で働いている感じでは『本当になくなるのかな?』と感じています。

 

人によっては、現在の職種に不安を感じている人がいるかもしれません。結婚を機会に、今の職種を考えてみるのが良いですよ。

 

転職エージェントに相談をして、どのくらいの条件で転職できるかを聞くことをおススメします!

【無料】転職は業界最大級の非公開求人を誇るリクルートエージェントがおすすめです。非公開公開にせざるを得ない魅力的な求人が多いですよ!

 

>>【公式】転職の悩みはリクルートエージェントに無料登録

 

将来の不安:キャリアアップができない

あなたは、今の会社でスキルを身につけていますか?

 

仕事内容によっては専門的な仕事をしていても、あまりに狭い範囲の場合は転職時にアピールができない場合があります。

 

所属部署の人数が多い場合、業務の役割がが細かく分断されていて、全体像がわかりにくい場合があります。

 

今後のキャリアで、その細かく分断されている業務を、全て経験できれば、仕事が俯瞰できてスキルアップになります

 

また、管理職になって部下を持つといった経験は、限られた人しかできません。

 

あなたが目指している今後のキャリアが、今の会社で実現が難しい場合は、転職を考えてみるのが良いです!


企業側の印象

企業が感じるメリットとデメリット
わたし自身が結婚のタイミングで転職活動をして、転職理由で悪い印象を与える事はないと感じていましたが、やはり不安でした。

 

新婚の人を企業で採用することに「メリット」と「デメリット」に感じる場合があります。

 

企業側が考える、結婚のタイミングで転職の申し込みが来た時の印象を解説しますね。

 

企業側が感じるデメリット

時期によってはどうしても繁忙期があり、そこで残業をして欲しいと考えます。

 

そのときにあなたが残業は問題ないといった場合でも、「新婚の人には頼みにくいな」と感じてしまう人がいます。

 

「独身だったら問題ないのか?」と感じますが、企業は世間体も気にしているのです

 

印象が悪くなる理由ではないですが、企業側はそのように感じる人がいます。

 

あとは「転勤の可能性があり」と転職をしても、企業側からは少し辞令を出すことにためらいがありますね。

 

新婚の人には気をつかってしまう事が多いと感じました。

 

企業側が感じるメリット

企業が中途採用でいちばん気にすることは、入社してすぐに辞めないかです。

 

結婚のタイミングで転職を考えるということは、すぐに辞めない可能性がとても高いんです。

 

転職後は慣れるまで我慢が必要

転職をした後に「思っていた会社と違うな」や「任された業務が自分に合わない」などネガティブに感じることがあります。

 

わたしは転職をして数カ月は思うように仕事が出来ずに『今のままで大丈夫かな?』と不安に感じていました。

 

すぐに会社を辞めたいと考えたとしても、新婚の場合は家族に迷惑をかけれないので、踏みとどまる事ができます。

 

ネガティブな感情が続いたら考え直す

しばらくしてもネガティブな感情が続いていたら、一時の感覚でなく本質的な感覚なので辞める事があるかもしれません。

 

しかし、仕事に慣れるにつれてポジティブに考えれる場合があります

 

特に初めての転職は仕事がうまくいかずネガティブに考える事が多いので、すぐに決断をすることは避けた方が良いです。

 

すぐに辞める事が困難な新婚者は、とても印象がいいので、企業側からはチャンスです!

 

転職を考えた時に取るべき行動

転職エージェント
あなたの転職したい気持ちがまとまったら、次に取るべき行動は転職の方法を考えましょう。

 

転職をする場合は「転職エージェント」に依頼する事をお勧めします。

 

職務経歴書や履歴書を添削してもらい、求人を出している企業との調整をしてもらえるので、納得のいく転職活動が出来るからです。

 

また、転職エージェントに相談をして、どのくらいの条件で転職できるかを聞くことをおススメします!

【無料】転職は業界最大級の非公開求人を誇るリクルートエージェントがおすすめです。非公開公開にせざるを得ない魅力的な求人が多いですよ!

 

>>【公式】転職の悩みはリクルートエージェントに無料登録



 

-転職の相談