仕事全般 転職相談

【経理の仕事はなくなる?】ベテラン経理が経理業務の将来性を解説します【ビジョンを明確に!】

  1. HOME >
  2. 仕事全般 >

【経理の仕事はなくなる?】ベテラン経理が経理業務の将来性を解説します【ビジョンを明確に!】

経理の仕事に興味があるけど、AIのテクノロジーの進化で経理の仕事は今後も必要とされるのかな?
考える人

 

経理業務の中でも「必要とされる業務」と「必要とされない業務」の違いを知りたい
考える人

 

かなえもん
経理業務の仕事の中でも今後も必要とされる業務と、そうでない業務があります。経理を15年間の経験でその違いがよく分かります。

経理をしていたとしても「必要とされない業務」であれば今のキャリアを見直す必要がありますよ!

 

この記事の内容

  • 今後も「必要とされる経理業務」とは?
  • 今後も「必要とされない経理業務」とは?

 

この記事では「必要とされる経理業務」と「必要とされない経理業務」の違いを解説します。この記事を読むと、わたしの経理経験から先ほどの疑問を次のように解決します。

 

この記事で解決できること

  • 今後も「必要とされる経理業務」の理由が分かる
  • 今後も「必要とされない経理業務」の理由が分かる

オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が発表した研究に「将来なくなる仕事」の発表がありました。その中に「簿記、会計、監査の事務員」という項目があり「経理業務がなくなってしまうのでは?」と不安になる方がいるかもしれません。しかし、不安になることはありません!

 

経理業務は仕訳の登録や小口現金の精算から始まり、予算の作成や予算と実績の分析まで幅広いです。その幅広い経理業務の中で「必要とされない」業務を担当していると、今後はテクノロジーの進化で仕事を奪われるかもしれません。

 

言いにくいのですが、現時点でも仕事を奪われる状態にあるのですが、そうすると担当者の仕事がなくなるので、良いより業務方法に変える事が出来ない会社も多いです。

 

この記事を読むと、経理の仕事に興味がある人や現在経理の仕事をしている人が疑問に感じている「覚えるべき業務」が理解できます!

 

この記事を書いた人

✅ 経理経験は15年

✅ IFRSプロジェクト成功

✅ 上場企業の連結決算担当

✅ 働き方に関するBlog発信

✅ 簿記に関するBlog発信

現在は上場企業でIFRSの連結業務を担当しています。今まで約10社の会社経理を担当して、多い時は同じ時期に6社の経理を担当しました。

 

わたしは運よく「今後も必要とされる経理業務」を経験する事が出来ました。経験する前は何が必要で何が不必要が分からなかったので、経理に関する仕事は何でも引き受けたんです。

 

結果として、預金合わせの簡単な仕事から税金計算の難しい仕事まで経験をして、現在では連結グループの予算作成まで経験する事ができました。

 

その経験から「この業務は自動化は難しいな」「この業務はエクセルの工夫次第で自動化できる」の分類が出来るようになりました。分類を解説していくので最後まで読んでくださいね!



1.必要とされなくなる3つの経理業務【すぐにでも自動化できます】

必要でない

ここから経理業務の中で「必要とされなく可能性が高い業務」を開設します。主に付加価値を産む事が難しく繰り返し作業になるものが該当します。

 

必要とされなくなる3つの経理業務

  • 仕訳の大半は自動化できる
  • 経費精算関係はWebで完結できる
  • グループ間取引も自動化できる(連結決算)

 

ERPなどの外部システムやマクロを使うと、より効率的にできますが、予算の関係もあるので、ここでは「エクセル」を使ったケースで解説しますね!

1-1.仕訳の大半は自動化できる【エクセルの基本知識で十分】

わたしは前職では仕訳の登録をしていましたが、手で登録する仕訳はありませんでした。全てエクセルでまとめてCSV取込をするか、銀行の支払いデータから変換をしてCSVファイルに取り込んでいました。

 

自動化しやすい仕訳は次の4つです。

  • 預金合わせ
  • 請求書関連
  • 請求書以外の支払関係
  • 経費精算関係

それぞれ解説していきますね!

 

預金合わせ

通帳記帳をして預金合わせをしている場合は、手入力で仕訳を登録するしかありません。しかし、Webで入出金を管理している会社は、多くの金融機関でcsvファイルでダウンロードしてデータ化ができるようになっていますよ。

 

もしできない場合は、Web上からコピーをしてエクセルに貼り付けてデータ化する事ができます。データ化する事ができれば、次の手順で仕訳を登録します。

①事前にエクセルでマスタを作る
②会計ソフトにインポートできる書式に変換する
③csvファイルに変換する
④会計ソフトにインポート

 

その月に新しく発生した入出金がある場合は、エクセルのマスタの更新が必要になるので、完全に自動化することはできません。しかし、大幅な時間は短縮できるので、預金合わせに関する業務は減少します。

 

請求書関連

請求書を発行する場合と発行される場合に分けて解説します。

・請求書を発行する側の場合

請求書管理システムを使っている場合は、csvファイルに落とす機能が標準で入っています。csvファイルに落とした後は、会計ソフトにインポートができるように変換をします。エクセルで請求書を発行している場合は、エクセルに必要なデータを残しておいて、そこから会計ソフトにインポートできるように数式で変換します。

請求書発に関する効率的な管理方法は後日解説します。

 

・請求書を受取る側の場合

紙で受け取る場合とデータで受取る場合があります。紙で受取る場合は、エクセルに金額や内容を入力して、関数でcsvファイルに変換をして会計ソフトにインポートができます。データで受取る場合は、多くの場合はエクセルにデータを反映する事ができるので、関数でcsvファイルに変換をして、会計ソフトにインポートができます。

 

請求書を紙で発行している場合の短縮時間は、どうしても手作業の時間がかかってしまうので、時間の短縮が難しいです。さらに債権の管理もエクセルで行うことになるので、請求書関連のシステムを導入する事をおススメします。

 

請求書関連も、新規取引先や新規勘定科目を使う場合があります。完全に自動化することはできません。

 

請求書以外の支払い関係

手作業で銀行振り込みをしている会社と、csvファイルをインポートして振込手続きをする会社があります。手作業で銀行振込みしている会社は、エクセルで支払い情報を管理して、そのエクセルを変換してcsvファイルにして、銀行システムにインポートしています。

 

さらにそのエクセルのデータを、会計ソフトにインポートできるように変換をして、csvファイルでインポートします。csvファイルをインポートして振込手続きをしている会社は、支払データと会計ソフト用にcsvファイルを作成して、インポートをする事ができますよ。

 

請求書以外の支払い関係も、新規取引先や新規勘定科目を使う場合があります。完全に自動化することはできません。

 

経費精算関連

こちらは、次の目次で解説しますね。

1-2.経費精算関係はWebで完結できます【システム導入が必要】

ほとんどの会社で発生する業務に、経費精算があります。

 

本社、支店、店舗、工場などで、消耗品を購入したり、交通費の精算は日常的に発生します。このような業務を小口現金として、、エクセルで管理している会社があります。

 

経費精算については、エクセルで管理をしている場合、会計ソフトと連動することは可能です。しかし、現金を扱うことは、精算の都度に現金実査をして盗難のリスクもあります。とくに、人数が多い場合は精算をする順番待ちや不正のリスクも発生してしまいます。

 

このような理由から、費用はかかりますがWebでの経費精算を給与と同時に振込む方法が主流となってきており、経費精算の業務が減ってきております。完全に自動化はできませんが、お金を扱うリスクから解放されます。

 

平均的な導入費用として、初期費用100,000円と導入後のランニング費用が月10,000円くらいで運用できますよ。管理の時間と不正のリスクを考えると、それほど高い支出ではないと思います。

1-3.グループ間取引(連結決算)【会計ソフトの管理を工夫する】

上場子会社の場合、決算期ごとに関連会社との内部取引の突合があります。内容を簡単に説明すると、親会社が上場企業の場合は親会社と子会社の取引は、外部から見たら一体としてみなされるので、取引を調整する必要があります。

 

上場親会社が複数の子会社を持っている場合、そのすべての取引を管理する必要があります。これを準備がない状態で決算を迎えると、とてつもなく時間がかかります。

 

取引については会計ソフトで補助科目を設定できます。内部取引で拾う必要のある取引については、勘定科目の補助科目で統一をすると、補助一覧を確認した時に取引額がひと目でわかります。

 

この時に、同じ会社については同じ会社コードを使用するというルールを作りましょう。関連会社のコードは補助一覧を開いた時に、上のほうに来るように管理をする事が重要です。とても見やすくなります。

 

工夫することにより、かなりの時間が短縮できますよ。グループ間取引も短縮こそできますが、完全に自動化はできません。



2.必要とされる4つの経理業務【自動化が出来ない仕事】

必要とされる

ここから経理業務の中で「必要とされなく可能性が高い業務」を開設します。主に付加価値を産む事が難しく繰り返し作業になるものが該当します。

 

必要とされなくなる3つの経理業務

  • 資金繰り管理
  • 予算と実績の分析
  • 経営者の悩み事解決
  • 税務関係の処理

ここからは、経理業務の中で、今後も必要とされる業務を解説します。毎月必ず発生する業務の中で、毎月同じ内容にならない業務です。

 

そのような業務は「答えは一つではなく付加価値をつける事ができる」ので、他の人と差別化をする事ができます。

2-1.資金繰り管理【お金が不足しないように準備する】

会社の資金繰りを担当するのは、財務担当者がいる場合があります。小さい規模の会社は経理が兼任しています。

 

会社が「破産しました!」という言葉はよく耳にしますが「破産=資金不足」です。たとえ利益が出ていなくてもお金が残っていれば、会社は存続できます。

 

預金合わせは「結果」を処理しますが、資金繰りは「結果までを」考えます。似ているようで、業務も責任も大きく異なります。

 

資金繰りを管理していない会社はなく、会社の業績によっては、毎日残高不足にならないように注意が必要です。なので、資金繰り業務はなくなることはありません。

2-2.予算と実績の分析【異常な取引がないか確認】

会社が成長していくために、予算を作成してその結果をみて「どこが良かったか?どこが悪かったか?」の検証が必要になります。

 

学校のテストと同じで、成績を伸ばすためには返却されたテストを「なぜ間違ったか?」を検証する必要があります。

 

会社でも同じで、売上を100万円見込んでいたのに90万円の結果だったとします。この結果を分析せずに進めていくと次のようになります。「なぜこの結果になった?」という問いが大事です

 

90万円の中には、予想よりも売上があった商品と、売上が取れなかった商品があるはずです。

 

予想よりも売上があった商品は、今後も売上が増加する可能性が高いと考えられるので「なぜ売れたんだろうか?」と考え、それに関連する商品を販売するとさらに売上の増加が見込まれる可能性があります。

 

逆に売上が取れなかった商品を「なぜ売れないんだろうか?」と考えることで、今後の販売戦略を変える事ができます。経理は誰よりも早く気づく事ができるので、非常に重要な役割です!

2-3.経営者の悩み事解決【経営者の気持ちを読み取ろう】

経営者の多くは「希望」と「不安」を持ち合わせて会社を運営しています。経理部門はそのような経営者の「希望」を実現して「不安」を解消することができます。

 

ここでいう「希望」は「今後事業を拡大するための構想は頭の中にある」しかし「それを実現できるかの数値をに関する確認ができない」という事があります。経営者は細かい数字よりも、会社の方向性を決めるために、日々尽力しています。経理部門はそのような、経営者が思い描いている「希望」を実現する事ができます。

 

なぜ実現できるかというと、月次報告をしていると毎月会社で必要な固定費は自然と記憶しています。それに、新しい事業に関する売上と原価を見積もる事ができれば、事業拡大に関してどのくらいの利益が見込めるかが計算できます。

 

ここが非常に重要です!経営者は時代に合わせて、常に新しい事業を考えているので、そのタイミングでリアルタイムに意思決定をする事が大事だからです。時代変化が早い現代では特に大事です!

 

さらに「不安」は「今はこの事業で利益が減少しているが、今度はどうなるだろう?」と考える事があります。

 

そう言った事業の撤退をするタイミングは非常に重要です。撤退せずにズルズルと事業を継続してしまうと、他の事業の利益を奪いかねません。早急に「なぜその事業で利益が減少しているか」を分析する必要があります。

 

その時に、リアルタイムに意思決定をする事が大事です!このように、経理部門か経営者のすぐそばで、数値を具現化して説明する事ができます。経営者にとって必要不可欠な存在なのです!

4.税務関係の知識【税金を知ることはとても重要】

節税を考える時にまず「会計」と「税務」の利益が違うという理解が必要です。

 

代表的な取引は、交際費、引当金関係、減損損失、があります。この知識がないと、とにかく費用を減らせれば利益が減って、納税額が減少すると思ってしまう経営者がいるので、説明が必要です。

 

さらに、法人税を控除できる制度(節税)があるので、このような制度を利用して経営者にアドバイスができます。

 

高度システムの導入を行った場合に利用できる「5G投資促進税制」や、従業員の給与が増加した場合に利用できる「所得拡大税制」があります。入手する資料が多い場合がありますが、正しく作成できる知識があると、副業ができるくらい貴重です!

 

顧問税理士と契約をすればアドバイスをもらえますが、それには費用がかかる可能性があるので、経理部門で利用する事ができるかが非常に重要です。



「経理の仕事はなくなるか?」のまとめ【必要な業務を復習】

まとめ
ここまで「必要とされない経理業務」と「必要とされる経理業務」を解説しました。

必要とされない3つの経理業務

  • 仕訳の登録
  • 経費関係の処理
  • グループ間取引(連結決算)

 

必要とされる4つの経理業務

  • 資金繰り管理
  • 予算と実績の分析
  • 経営者の悩み事解決
  • 税務関係の知識

この先どのように技術が発達していくかはわかりません。しかし、コンピューターが発明された時は「事務作業はなくなる」と言われていました。結果は、もとめられる数値がより詳細になり、それの数値を作るために膨大な時間が必要です。

 

「技術が進歩すれば、求められる数値も複雑になる」を繰り返している気分です。

 

その中でも、なくなる仕事は出てくるので、経理をしているあなたは、なくならない仕事に集中してスキルアップしていくことをおススメします!

 

経理の知識を日常生活で活用する方法を別の記事でまとめています。お金に関することだけでなく物事を判断する時にも使える方法なので、ぜひ読んでください!

日常生活に役立つ
経理の知識【日常生活に使える】会計とは何か?経理との違いを詳しく解説します【安心の完全初心者むけ】

続きを見る

-仕事全般, 転職相談

© 2021 働き方 blog Powered by AFFINGER5